当社では地盤保証制度を採用しています。
保証内容としましては、建物をお客様に引渡した時点より10年間、万一当該建築物に不同沈下(※)が起きた場合、
元の状態に修復するための補修工事及び工事期間中の仮住居費用を地盤保証会社が負担することになっております。
(保証限度額は2,000万円)
※不同沈下とは、建物の自重により建物が不均等に沈むことです。
地震や天災による沈下は対象外です。

地鎮祭は、着工に先立ち、安全を祈願し敷地を清める儀式です。
一般的には神式で神主さんが執り行います。
(ご希望に応じて実施します。※別途費用が必要となります)

基礎は、強度に優れるベタ基礎を採用しています。
全邸に対しコンクリート強度試験を実施し、品質の確保に努めています。
※コンクリート強度試験の結果報告書は、お引渡の際、お客様に提出します。

配筋検査は、基礎の配筋が完了した時点で、指定確認検査機関により鉄筋の配置、
鉄筋の品質規格が建築基準法に基づいて施工されているか確認する検査です。
指定確認検査機関より厳正なチェックを受け、 合格すれば次の工程へ進めます。
(後日、指定確認検査機関より中間検査合格証が発行されます)

基礎工事が終わると、大工工事が始まります。
建物の構造部分となる、柱、梁、そして基礎屋根をかけていきます。
その後、壁・床の下地合板を貼り、建具の枠を作り、仕上げていきます。

上棟式は、棟上まで工事が無事に済んだ事を感謝し、大工を労い、新屋の安全を祈願する儀式です。
(ご希望に応じて実施します。※祝儀等、別途費用が必要となります)

建方検査は、主要構造体の耐震金物の接合状態、金物部材の品質規格及び筋交いが
建築基準法に基づいて適正に施工されているか確認する検査です。
指定確認検査機関より厳正なチェックを受け、合格すれば次の工程へ進めます。
(後日、指定確認検査機関より中間検査合格証が発行されます)

屋根は屋根表面材(ガルバニウム鋼板、スレート瓦等)と下地の合板の間に防水シート(ルーフィング)を張ります。
防水シートにより、屋根表面材からの雨水の侵入に備えます。
又、バルコニーにはFRP(Fiber Reinforced Plastics =繊維によって強化されたプラスチック)防水を行います。
※FRPはレジャーボートの本体に使われる等、防水性と耐久性に優れています。

外壁の下地が出来ると、防水紙を貼り、その上から外壁仕上工事を行います。
外壁は、 主にサイディングを 貼る乾式工法とモルタルを塗って、
塗装又は左官で模様を付ける湿式工法等があります。

外壁の下地が出来ると、室内の下地合板を貼る前に、電気・給排水設備の工事を行います。
電気工事では、照明、テレビ、電話、スイッチ、コンセント等への配線、配管工事、
給排水工事では、キッチン、 浴室、洗面台等への配管工事を行います。

大工工事が終了すると、内部の仕上工事となります。
建具・家具の取付、塗装、クロス貼工事等を行います。

完了検査は、全ての工事が完了した時点で、建築確認申請書通り施工されているか確認する検査です。
指摘事項もなく無事合格すれば引渡しの段取りをしていきます。
(後日、指定確認検査機関より完了検査合格証が発行されます)

竣工後、社内検査を実施し、お施主様にも検査をして頂き、その後、お引渡しとなります。
お引渡し当日は、現地にて、各設備機器の使い方、お引越し後のインフラ関係(電気・水道・ガス等)
の手続き方法等につきご説明させて頂きます。




SITE MAP